三十路SEの学び記録とかなんとか

子育て中三十路SE♂の業務外での学びとかガジェットネタとか

ZOZOの2Bスーツが届いてからの話

↓の記事で予告してましたが、今回はZOZOのはなし。

us-key-tech.hatenablog.com

 

ようやく来たよ、ZOZOスーツ、じゃなくてZOZOのビジネススーツ。

 

目次

 

たくさん待ちました

 

箱でかい

箱がものすごいでかいです。カシヤマの薄く小さい箱をイメージしてたのでコンビニ受け取りにしたのですが、めっちゃでかくて運ぶの大変だった。。

f:id:us_key:20181120093143j:image

 

開封の儀

段ボールを開けると中から化粧箱が。

f:id:us_key:20181120093809j:image

 

 化粧箱の中からよくあるスーツ袋に入ったスーツがでてきます。

f:id:us_key:20181120093901j:image

 

 スーツに乗っている紙は、サイズの直しができるよ、という説明。後述しますがわたくしもこれを利用することになります。。

f:id:us_key:20181120093921j:image

 

 今回はスーツのほかにワイシャツも注文しました。スーツの間に入ってました。

f:id:us_key:20181120093939j:image

 

スーツはどんなんなん?

こんな感じ。コンビニから持ち帰る際になんとかがんばって水平を保って歩いたおかげか、そんなにしわもなく。

f:id:us_key:20181120093955j:image

 

サイズ感

たぶん伝わらないけどサイズ感。雑な加工ですみません&画質がというか鏡の埃が。。

f:id:us_key:20181120094008j:image

 

 こちらはカシヤマで作ったスーツ。やはり伝わらないですよね。

 

 

f:id:us_key:20181120094017j:image

 

問題点 

簡潔にいうと、ジャケットのウェスト部分が太いのと、裾が長い。

 

カスタマーサポートに捕捉される

 上記のツイートをしてサイズ直しをしようかどうしようかとうんうんしていたところ、カスタマーサポートからメンションが。

f:id:us_key:20181120094038p:image

お直し用のURLとは別に問い合わせフォームを案内されたのですが、直しをすべき箇所は明確(直した結果で問題ないかどうかはまた別の話ですが)だったため、お直しの依頼をさせてもらいました。 

 

お直し依頼

スーツに同封されてきた説明書きに添付されているQRコードからお直し依頼フォームにアクセスし、どこを何cm直すかを指定して送信。

メールで直しの内容確認と、送付先が案内されます。

スーツの場合、上下とも送る必要はありません。今回はジャケットのみ直しが必要だったのでジャケットのみ送りました。大き目の袋に入れてガムテープで封をして、ヤマトに集荷依頼。

 

お直しではなく作り直し対応に

 今回、直しの内容としては胴回り-2cm、着丈-3cmだったのですが、どうやらお直しで対応できる範囲を超えていたらしくこんな連絡が。

f:id:us_key:20181207131134j:image

パターンの再生成が必要になるため1ヶ月ほどかかるとのこと。

まあ時間がかかることに関しては、中途半端なものを着続けるよりいいので問題なし。気になるのは、ここにいろんな人たちから集まったフィードバックを反映させてパターンの生成手法を改善します、なんてプロセスが入るとさらに時間がかかりそうだな~というところ。

当初の配送予定からも2ヶ月くらい?遅れていたため、どこまでリードタイムがかかるかという点と、この間に何かしらの品質改善があるかどうか。

 

まだ応援はしています

まあこんな感じで手元にちゃんとしたスーツが届くまでにはまだまだかかりそうなんですが、気持ち的にはまだまだ応援したいなという気持ちです。

生みの苦しみというか、革新的なことを始めるときには初速を最大限高めたいところですが、なかなか難しいものですねというのをまざまざと感じさせられます。

将来的にはZOZOスーツ不要になるなんて話も出ていますが、スーツを作る場合には細かい採寸が必要だと思うのだけどどうなのかなー、なんてことも気になっています。

いずれにせよ、もうしばらく動向を注視していきたいなと思います。

www.itmedia.co.jp

 

2018/12/20追記

そろそろ直しの依頼をしてから1か月くらい経つかなーと思っていたら、今日こんなメールが。

うーん。がんばってー。

VSCodeでgrep

最近業務でもVSCodeを使い始めてみました。

 

といってもやることはSIerの仕事なので、コードを読み書きするだけでなく、grepしたりもします。

てことで、過去の記事でサクラエディタを使ったgrepの仕方を記事にしましたが、VSCodeで同様のことをする場合について書いてみます。

us-key-tech.hatenablog.com

 

目次

 

grepのやり方

「Ctrl+Shift+F」でファイルをまたいだ検索ができます(windowsの場合)。 

それにしても検索のスピードが恐ろしく速くて驚くよねこれ。。

サクラだと1分以上かかっていたgrepが数秒で終わるような感覚です。凄い。

※ただし、サクラだと該当箇所ごと、該当行ごと(1行に複数該当箇所があっても1件とカウント)が選択できますが、VSCodeでは該当箇所ごとの検索しかできないようです。

 

除外ファイルの指定の仕方

 検索文字入力ウィンドウの下にある「…」をクリックすると、対象ファイル、対象外ファイルの指定ができます。

f:id:us_key:20181119211539p:plain

「除外するファイル」)に除外したいファイルを指定します。

 含めるファイルと除外するファイルを分けて指定できるので分かりやすいですね。

f:id:us_key:20181119211554p:plain

出力結果をテキストに吐き出す

検索結果の一覧で右クリック→「全てのファイルをコピー」で結果全てコピーされます。

f:id:us_key:20181119211742p:plain

ペーストするとこんな感じ。

f:id:us_key:20181119212034p:plain

エクセルとかで綺麗にしたい

ファイルと該当箇所の文字列、行と列が出ているので、あとはスクリプト書くなりマクロ書くなりしてきれいにすればいいんじゃないでしょうか。

サクッとVSCode上でCSVに吐いてくれる拡張とかないのかなー。

 

まとめ

てことでVSCodegrepする方法を簡単に書いてみました。VSCode拡張機能がどんどん出ていること、そして動作がめちゃくちゃ軽快なのが最高ですね。これからもどんどん使い倒していきたいと思います!

スタディサプリENGLISHパーソナルコーチプラン途中経過(1ヶ月):1ヶ月で200点以上UP!!

なんと1ヶ月で200点以上上がったよ!

開始時の記事↓
us-key-tech.hatenablog.com

目次

驚きの結果

初回模試:625点

2回目模試(5週間経過後):880点
※いずれも模試のため予想点
予想点ではありますが、なんと255点UPという驚きの結果に。1ヶ月でここまで伸びるというのはさすがにびっくりです。
確かに過去800点台前半まで取った経験があるので多少やればある程度まではいけるだろうという期待はもっていたのですが、まさかその点を1ヶ月で超えるとは。
多少リスニングで勘で拾った問題はあるものの、確実に読み聞きのチカラが伸びていると問題を解きながら実感できたのも嬉しいところです。
てことで途中経過だし模試の結果ではあるのですが、ひとまず効果は実感できています。この調子で本番まで頑張りたいところ。

何が効果があったのか

なにゆえこんだけ点数が上がったのかについて考察してみます。

1日2時間継続のプレッシャー

なんやかやで毎日2時間という高い目標を設定されていることは大きいと感じます。結局語学は触れた時間勝負。
別に2時間達成しないとコーチに罵倒されるなんてことはないのですが、毎日の報告を考えるとやはり少しでも時間を増やさないと、と思うのが人間の性です。
実際のところ週末は子どもの相手とかで2時間確保できた試しがないのですが、平日は通勤時間などの隙間時間を積み重ねて何とか2時間確保しようと奮闘しています。

効率的に学習できるアプリ

前回記事にも書いたのですが、アプリの出来がめちゃくちゃいいです。さすがリクルート様というかなんというか。アプリで勉強なんてまやかしで、机に向かわねばあかんでしょ!とか思ってたのですが、隙間時間での勉強、繰り返しの勉強が非常にやりやすくなってます。
1つの問題に対してしっかり理解できるまで深掘りさせるような内容になっているのですが、特に効果があると感じたのがリスニングのディクテーションシャドーイングです。

ディクテーション

問題の文章を1文ずつ聞いて、それをタイピングします。リスニングで聞きにくい音もしっかり聞こえてないと解くことができないため、集中して繰り返し聞くことでこれまで聞けてなかった音も聞き取れるようになってきました。

シャドーイング

聞こえた文章をちょっと遅れて読んだり、頭の中で読んだり。自分で口を動かすことで英語の音を理解できたり、聞こえた音や内容を元に自分で英文を再度作ることで聞いた内容の理解スピードや短期記憶が上がったりと言った効果を感じます。
シャドーイングのやり方については動画で解説があるし、コーチからも説明してくれます。

コーチの指導

模試の間違えた問題に対するフィードバック

模試を受けた際には、パートごとの正答数だけでなく、マークした解答用紙、リーディングでパートごとにかかった時間もチャットで送っています。これにより、問題ごとに間違えた原因の考察をしてくれたり、間違いの傾向を見て学習メニューをアレンジしてくれたりします。弱点に対して的確なアプローチができるわけですね。

学習計画のスケジューリング

1人で勉強しているとある程度計画は立てるものの、その計画でいいのかといった疑問や不安を感じることはあると思いますが、結果が出ているものに乗っかることでその不安をある程度除くことができます。
結構ここは重要と思っていて、自分の弱点に対してアレンジもしてくれるので、基本的にはそこに乗ればよし。自分で1から何をどうやって勉強するか考えることなく、勉強することだけに集中できるっていうのは、時間が限られている中ではメリットが大きいと思います。

あえて難点を挙げるなら

ここまでメリットばかりを挙げてきましたが、デメリットもあるっちゃあります。。

毎日の報告が地味に重い

報告内容としては学習時間、学習内容、所感といった内容なのですが、これを毎日2時間の勉強後に行うってのが地味にしんどいです。かかる時間は5分程度なのですが。チャットでいつでもできるので翌日でもいいのですが、気持ち的に寝る前に終わらせておきたいというところに縛られているせいもあるかもしれません。自分の問題ですね。苦笑
所感に書いた内容(学習方法や問題の解き方に関する疑問など)に対してはかなりしっかりとしたフィードバックがもらえるのでありがたいです。

通信環境の影響をもろに受ける

これはアプリの課題なのですが、問題をダウンロードしてあっても結果の送受信で通信が発生します。通勤時間帯の電車はえてして通信速度が遅いので、結構つらいです。電車に乗ってる時間が30分として、そのうち数%、2~3分は通信時間に持っていかれてるというのが体感です。まあ格安SIM使ってるせいもあるかもですが。
us-key-tech.hatenablog.com

まとめ:正しい努力の仕方を教えてくれる最強のTOEIC学習法

僕が勉強するときに大切だと思っているのは、目標に向かって正しい努力をするということです。いくら努力をしていても、それが目標に向かっていなかったり余計なことばかりしていたらなかなか目標に到達しないわけです(もちろんその中で得られるものもありますが)。
その意味で、スタディサプリENGLISHのパーソナルコーチプランは、正しい努力の仕方を教えてくれて、努力しないとという気持ちにさせてくれて、過去の実績も間違いないという最強のTOEIC学習法と思うのです。

目標の再設定

目標:900点を目指して確実に860点を超える!!
あえて途中経過で点数を書いたのは、本番でさらに点数を上げるというプレッシャーを自分にかけるためでもあります。これでイマイチな結果に終わったら恥ずかしいですもんね。
確実に目標を達成できるよう、残り1ヶ月。さらに精進していきます!