三十路SEの学び記録とかなんとか

子育て中三十路SE♂の業務外での学びとかガジェットネタとか

VSCodeでgrep

最近業務でもVSCodeを使い始めてみました。

 

といってもやることはSIerの仕事なので、コードを読み書きするだけでなく、grepしたりもします。

てことで、過去の記事でサクラエディタを使ったgrepの仕方を記事にしましたが、VSCodeで同様のことをする場合について書いてみます。

us-key-tech.hatenablog.com

 

目次

 

grepのやり方

「Ctrl+Shift+F」でファイルをまたいだ検索ができます(windowsの場合)。 

それにしても検索のスピードが恐ろしく速くて驚くよねこれ。。

サクラだと1分以上かかっていたgrepが数秒で終わるような感覚です。凄い。

※ただし、サクラだと該当箇所ごと、該当行ごと(1行に複数該当箇所があっても1件とカウント)が選択できますが、VSCodeでは該当箇所ごとの検索しかできないようです。

 

除外ファイルの指定の仕方

 検索文字入力ウィンドウの下にある「…」をクリックすると、対象ファイル、対象外ファイルの指定ができます。

f:id:us_key:20181119211539p:plain

「除外するファイル」)に除外したいファイルを指定します。

 含めるファイルと除外するファイルを分けて指定できるので分かりやすいですね。

f:id:us_key:20181119211554p:plain

出力結果をテキストに吐き出す

検索結果の一覧で右クリック→「全てのファイルをコピー」で結果全てコピーされます。

f:id:us_key:20181119211742p:plain

ペーストするとこんな感じ。

f:id:us_key:20181119212034p:plain

エクセルとかで綺麗にしたい

ファイルと該当箇所の文字列、行と列が出ているので、あとはスクリプト書くなりマクロ書くなりしてきれいにすればいいんじゃないでしょうか。

サクッとVSCode上でCSVに吐いてくれる拡張とかないのかなー。

 

まとめ

てことでVSCodegrepする方法を簡単に書いてみました。VSCode拡張機能がどんどん出ていること、そして動作がめちゃくちゃ軽快なのが最高ですね。これからもどんどん使い倒していきたいと思います!